top of page
  • 執筆者の写真裕之 安井

2014 建築家として

更新日:2021年10月28日



昨年、広島で活躍される段原建設の段原さんからお誘いを受け

大学院時代の先生でもある、建築家・村上徹の最新住宅を見せて貰った。


先生はいくつになったのだろう。

調べると、70歳。


建築界の新人賞である吉岡賞を取り、住宅で日本建築学会賞を取った建築家である。

しかも、当時は珍しかった地方・広島で活動している点が大きい。

地方で活躍するパイオニアであり、広島工業大学の卒業生でもある。


70歳にしても 周りから無視できない存在なのだろう。

当日、広島県内から沢山の建築家が集まって、見学していった。


それらを嬉しそうに迎える村上先生。


写真は、下記の段原建設のHPから見て欲しい。

恐れ多くて、そして村上先生が未だに恐くて、写真が撮れなかったので。




これが70歳を迎えた建築家の住宅作品か!?

軒が極端に薄い。

樋が見当たらない。

いや、地上から見えないだけで、実際にはある。


室内は、限られた床面積の中で

大きなスペースを階段がとる。

これも大胆だと思う。


2階は家形の空間が作られ、スケール共に良い。

壁際の高さ、天井勾配の角度、全てが完璧に近いと思った。


驚くべきことは、この住宅の工事費である。

僕の記憶では、1500万円台だったはず。


もちろん、その工事金額で施工し、

尚且つ、これだけの施工レベルで作る段原建設の力は

関係者には、きっと分かって貰えるだろう。



最近、建築家の仕事、とりわけその出来について

考えている。

他人を見て、自分の仕事を疑ったりもした。


ただ、それにどんな意味があろうか。

牛乳を温めたときにでるあの膜が

薄く沈殿していくだけで、ただ気持ち悪くなっただけ。


改めて、段原建設のHPを見る。

去年の記憶が蘇る。


いまだ、攻め続ける先生の姿に

僕には無理だと思いながら、憧れている。


閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
チャイアーキ一級建築士事務所
bottom of page