• 安井 裕之

2030 門脇盛人


建具工事をお願いしている門脇建具店の門脇盛人さんが

第67回日本伝統工芸展に入賞された。


これで通算3回目の入選、2年振りの入選となった。


僕は否定的な意味でなぜ日本伝統工芸展に出展されるのか、聞いたことがある。


「大学を卒業して、どこにも修行へ行かず家業を継いだので、

自分には師匠もいないし、単純に技術を得たいと思って、挑戦した。」


門脇さんは、決して胸に勲章を掲げたくて

挑戦しているわけではない。


純粋に、自分が勉強したい、技術を高めたい。

そして何より、モノを作りたい。

その為の手段として、日本伝統工芸展へ挑戦しているのだ。


そういう思いで作っている事を、その時初めて知った。


だからか、関連事業の対談や新聞などの取材には、極力答えていない。

表には決して出ようとしてない。


僕はそのような気持ちでモノを作っているのだろうか?

門脇さんを通して、自分の位置を確かめさせて貰っている。

66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
チャイアーキ一級建築士事務所