• 裕之 安井

2034 『ペイン・アンド・グローリー』

更新日:10月28日


ここ数年、単館映画をよく見る。

月に1度の楽しみで、どんなスケジュールよりも最優先。


今月は、『ペイン・アンド・グローリー』を見た。

https://pain-and-glory.jp/


監督の自伝を基に過去の幼少期を振り返りつつ

現在の自分の状態を描いた作品だった。


幼少期の母を演じるのは、ペネロペ・クルス。

映画監督である主人公は、アントニオ・バンデラスが演じた。


主人公を演じたアントニオ・バンデラスは、苦悩や慈しみ、

そして愛溢れる演技で、すっかり魅了されてしまった。


この映画は、ある意味、全ての作り手への未来像でもあるし

子どもの立場から、亡くなった母親への想い、後悔、そして愛を

豊かに感じられる映画である。


ラストシーンは、苦難を乗り越えた先を垣間見ることができる。


そのシーンが、若き表現者たちの、

小さいけれど確かな希望へと感じ、

映画は終わった。

全身に鳥肌が立ったのは、僕だけではないはず。


映画監督は、建築家に似ていると思う。

素晴らしい映画は、心の中に、今も残り続ける。

81回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2038 近況

チャイアーキ一級建築士事務所