• 裕之 安井

2040 間の悪いおとこ

更新日:1月26日


年末に今まで手掛けた住宅等の挨拶回りへ。

今年は、地元の醤油+ドレッシングを持って伺う。


昨年は、平日にどうしても伺う事ができず、

週末を使って、複数を回る。


伺うと玄関先で帰りたくないというか

先方に甘えて上がり込み、長居をしてしまう。


自分にとってハードスケジュールだったみたいで

最終日曜日に身体がしんどくなって、キャンセルしてしまった。


広島で修行時代、土日も働いていた事があり

その時は何ともないと思ったけれど、

ふとした時に1日休みを貰って

身体が軽くなるというか

心にまとわりついていた何か(膜)が取れる感覚があった。


その時に初めて、休みの重要性、日曜日の意味を知った。


2022年1月から 目上の方からお𠮟りを受けた。

それが続いた事もあり、かなり落ち込み、混乱した。


前々から、よく目上の方からお叱りを受ける認識はある。

「間の悪いおとこ」の愛称も頂く。


自分ではそうは思っていないけれど

目上の方への敬意を欠く行動や言動をしているのだろうか。

決してそんな気持ちはなく、

そもそも、敬意を感じない目上の方には、近づかない。




ようやく厄が明ける。


3年前、神魂神社で厄払いをして頂く際に、

2月の旧正月に厄払いをするように勧められた。

(神魂神社は旧正月の暦で行事を行っているそうです。)


その厄明けが来月に迫ってきた。

初詣も行っていないのは、そういう理由もある。


僕にとってはまだ年末で、12月を継続中であり、

年が明けるのを 一人じっと待っている。


お叱りの原因は相手にあるのではなく、僕自身の資質が理由だろう。


年が明けて、全てがきれいに無くなるわけでもないし、

僕自身の資質が生まれ変わるわけでもない。


けれど今は、年明けが待ち遠しい。

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2048 帰郷

チャイアーキ一級建築士事務所