• 裕之 安井

2041 素直になりなさい


3年前に初めて連絡を頂いた住宅の工事が、ようやく始まろうとしている。


打合せを本格的に始めたのが、コロナで騒がれはじめた時で、

重苦しい月日を共に歩んだ感が強い。


依頼主は、歩いて10分の場所に住むクライアントで、

近所の知人を介して連絡を貰った。


自分の住む地域では、僕がどんな仕事をしているか

興味もないし、知らないと思う。

僕自身も声高く言うタイプではないし、

法律で決まっている看板設置も、言われて初めて気付く場所に置いている。


愛媛県宇和島市に大竹伸朗という画家が住んでいる。

奥さんの実家に30代の時に、移住した。

芸術家界隈では、都落ちしたと言われたそうだ。


僕の好きなエピソードがある。


大竹:夜ごと、地元の人にスナックに呼び出されるんです。呼び出す方は、別に美術な

んかに興味がない。そこにあるのは、こいつと付き合うかどうかってところの判

断ですよ。


大竹:カラオケで歌えとか、ね。その ” コンセプト ” は通用しないわけ(笑)。ポリシー

   とかね。そんなもんはクソだと。お前の考えなんかはクソだから歌えと。そこで

は ” 主張 ” とかは関係ないのよ。


大竹:ある時期から、呼び出しがあったら展示会の前の日だろうが、明日の朝の状況が

   どうだろうが、そこに駆けつけると(笑)。そういうふうに決めたわけ。電話がか

   かってきたら、これは運命だから行くぞってね。締め切りだろうがなんだろうが、

   そんなことは無視して、不意の出来事って言うのかな、それが一番大事だと(笑)

   そういうふうに決めたら、楽しくなってきたよね。


             (宮島達男編 アーティストになれる人、なれない人より)


この話がとても好きで、時折思い出す。


ただその地域の人と共に過ごす。


僕自身、時間に余裕があるので、小学校の事や

スポ少の活動に関わったりしている。


その中で、自分を見つけ、

依頼してくれたクライアント。


紆余曲折あり、住まいは、ご近所ではなくなるけど、

住んでいる地域からの初めての依頼に、嬉しい反面、今は、不安がつよい。


閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2048 帰郷

チャイアーキ一級建築士事務所